2016.10.11

性病が危ぶまれたら役に立つ夜間でもできる電話相談

なんとなくあやしい人との性行為を行ってしまったり、海外で風俗を利用したりした経験があると、もしかしたら自分は性病を持っているかもしれないということを疑わなければならなくなりがちです。性病には潜伏期間が短いものから長いものまであり、数日から数ヶ月といった期間でその可能性を疑い続けることが必要になります。もし自分の性器やその周辺に異常を感じたり、発熱や発疹、倦怠感などの全身症状が出てきてしまったりした場合には性病にかかってしまったかもしれないと考えて夜も眠れなくなってしまうでしょう。しかし、そういったときになかなか人に相談することもはばかられてしまってできずに苦しんでしまうことも少なくありません。恥ずかしさや後悔がそういった行動を阻んでしまいがちだからです。そういったときに役立つのが性病科や性病クリニックへの相談です。実際に病院やクリニックに足を運ぶことは躊躇してしまっても、電話相談を受け付けていることが多くなってきています。また、夜間対応をすることも多くなっており、性病の可能性に苦しむ人へのサービスが充実しています。夜間であったとしても電話相談だけであれば無料であり、症状を伝えて性病の可能性についてを聞いてみたり、性行為についての事情を話してその地域や場所で感染症の広がりがあるかどうかといった情報を提供してもらったりすることができます。もしそれで性病の可能性が高いとなれば思い切って病院やクリニックに足を運ぶことができるようになるでしょう。そうでなかったとしても、自分で通販などを利用して薬を手に入れることで治療を行っていくことができるようになります。そういった形で役に立つのが電話相談です。